MENU

リングフィットlevel500達成につき、己にご褒美♪

カット代節約のために、髪の毛はカミ様に長らく切ってもらっていた私。しかしここ最近、素人がカットした不自然な髪形を若さでカバーできる歳は、もうとうに過ぎてしまっている事に気付いたのであります。ボリュームの減少や白髪の増加ですね。いい歳こいて見すぼらしいのは、周りから見てても痛々しいじゃあないですか。ですから、頭の中は兎も角、せめて身だしなみ位はキチンとして、小ぎれいなジジイを目指そうと心に決めたのであります。

 

初回、2回目と、カット3,000円のお店に通ったものの、「もっと安くて良い店はないか」と、早くもケチの本性が顔を出し始めます。そんなある日、通りがかりに「カット1,100円」のポップを発見。お店は古いし、小さいけど、まあ試しに1回行ってみるかと入店する事に。

 

ドアを開けたら、千円のお店にしてはカット椅子が2脚しかないし、待ち客も誰もいない。明らかに様子がおかしい。そう思った瞬間、奥からのっそりと70歳くらいの店主が登場。柔らかな表情ながら、眼差しは網にかかった獲物を見る蜘蛛のそれ。やはりおかしい。千円カットの雰囲気じゃあない。恐る恐る右側の壁にかかったプライスボードを見てみると・・・

 

 

大人カット4,700円?!

 

 

騙された!(←勝手に勘違いしたオッサン)「カット1,100円」は子供料金だったんです。だがしかし、時既に遅し。逃げ出す訳にもいかず、泣く泣く蜘蛛にカットしてもらったのでした。

 

 

閑話休題

 

 

昨年末から継続してるリングフィットアドベンチャーなんですが、遂に

f:id:no-smile_no-life:20211004103413j:plain

レベル500を達成!

 

でも、リングフィットをご存じない方は「?」ですよね。イメージとしては、1日20分の運動を278日間続けた感じ・・・。あ、そのままか。

 

具体的な運動量はこんな感じです。

f:id:no-smile_no-life:20211004105006j:plain

オレンジの数字が結果を表しており、上から、運動時間・消費カロリー・走った距離です。

 

リングフィット開始から10か月が経過しましたが、着実に脂肪&体重は減少してます。

 

健康診断における、脂質異常症の解消を目標に始めたリングフィット。目標をクリアするまでは、止められないのであります。

 

で、こんなに大変な思いをしてレベル500に到達したんで、ここは自分にご褒美を(←何かにつけて、しょっちゅう自分にご褒美を与える、この甘さが解消を妨げている一番の原因であることに気付いてないオッサン)

no-smile-no-life.hatenablog.com

ということで、絶っていた日本酒を久々に購入。

f:id:no-smile_no-life:20211004132929j:plain

 
酒屋のお兄さんに「フルーティーで旬のオススメは」と尋ねて出てきたのがコチラ。軽快なガス感のあるさわやかな酸味と甘味で、もはや日本酒というよりも、スパークリングワインに近い感じ。想像の遥か上をいく美味しさでした。アルコール度数が一般的な15%に比べ、9%と低めなのもこのお酒の特徴。吟醸系のフルーティなものがお好みなら、ほぼ外しはないと思うので、ぜひ呑んでみて下さい(笑)
 
そんな久しぶりの日本酒を愉しみながら、ネットニュースを見ていたら、こんな記事を発見。

www.tokyo-np.co.jp

 

大宰フリークの私としては、撤去前にぜひとも訪れてみたい。

 

f:id:no-smile_no-life:20211004161323j:plain

で、行ってみました。自宅からチャリで30分の距離。

 

f:id:no-smile_no-life:20211004161713j:plain

確かに老朽化が著しい。
 

f:id:no-smile_no-life:20211004161909j:plain

かつてここに太宰がいて
 

f:id:no-smile_no-life:20211004162108j:plain

同じ景色を眺めていたかと思うと、何だかとっても感慨深い。
 
お墓もこの近くだった事を思い出し、行ってみました。
 
彼のお墓があるお寺がコチラ。
太宰治のお墓。

f:id:no-smile_no-life:20211004162539j:plain

 
斜め前には森鴎外のお墓。

f:id:no-smile_no-life:20211004162755j:plain

太宰は生前から、尊敬する鴎外と同じお寺で永眠したいと希望していたそうな。

 

没後70年以上経った今も尚、その名が色褪せることのない太宰。彼は常々「読者に幸せを感じさせるのが作家の仕事だ」と語っていたそうな。彼の作品には、そんなサービス精神が宿り、読者に伝わるからこそ、今も愛され続けているんじゃあないでしょうか。

 

それではまた(笑)